2005.12.11

ブラスカペッレ金管五重奏団

今日は川越市民会館ホールで、市民クリスマスの演奏会がありました。
新日本フィルハーモニー交響楽団のトランペット奏者 光信利彦氏により2000年に創立された、ブラスカペッレ。
メンバーは全員新日本フィルのメンバーで構成されてるそうです。クラシックをはじめ、ジャズ、ポップスなどジャンルを超えたレパートリーをこなす異色の金管五重奏という事です。
ブラスカペッレとはドイツ語で金管室内楽奏という意味で、各地でブラスバンドの指導や、演奏活動を展開してるという事で注目を集めてるそうです。

メンバーは
トランペット 光信利彦         (東京出身、川越在住)
トランペット デービット、ヘルツォーク(アメリカ出身)
ホルン    金子典樹         (三重県出身)
トロンボーン 山口尚人         (佐賀県出身)
チューバ   佐藤和彦         (神奈川県出身)
演奏は
1、RONDEU (ロンド)
2、へぼ詩人の歌
3、カンタータNO,147より
   「主よ人の望みの喜びよ」
4、エンターティナー
5、アニメ映画となりのトトロ   「さんぽ」
6、千と千尋の神隠しより    「いつでも何度でも」
7、クリスマスクラッカーズ
  ジングルベルデッキボーイズ
  キャロルファンタジー
  ウイーウイシュユーア メリークリスマス
8、きよしこの夜


アンコールではラクカラーチャをアレンジした演奏でした。

中学生の娘と娘の友達親子と一緒に行って来まして、素晴らしい演奏が聴けて娘も大満足のようです。私個人としては、折角聴くのだから、もっと知らないクラシックの曲など聴きたったかな。贅沢な話ですね。

新日本フィルは宮崎駿の映画ハウルや千と千尋のときの演奏を担当したそうです。今度は映画ではなくオーケストラの演奏主体で聴いてみてくださいと話してました。

今日はほんとに素晴らしいハーモニーが聴けて幸せな気分です。
終わってから友人宅で話していたら夜の11時を過ぎていました。遅くまでお邪魔してごめんなさい。下の娘は一緒に行きましたが、風邪気味だったため、鼻水と咳との戦いで苦しそうでした。がしかし、具合悪い娘を連れてまで聴きにいったかいがありましたよ。

主宰が日本キリスト川越協会だったのですが、私はクリスチャンでもないわけで、ちょっと戸惑いましたが演奏を聴く事が出来てとってもいい夜になりました。

| | Comments (90) | TrackBack (0)

2005.11.13

ロバの音楽座の愉快なコンサート

  今日は午後からロバの音楽座の愉快なコンサートを見に行ってきました。
ロバの音楽座は福島県に住んでいるときにこども劇場に入っていてそこでみました。
いろいろなヨーロッパなどの変わった楽器で演奏し、歌を歌うグループです。
今回見るのが3回目でした。

紹介された楽器はプサルテりーという楽器、今から1000年も前の学期でピアノの元祖だそうです。
それからリュート、500年前からあってヨーロッパの楽器で今のギター、マンドリン、の先祖。
蛇のような楽器でセルーパン、
ロバの音楽座のオリジナルの楽器で木のふと-い枝を使ったロバの足、
これは木の枝に、空き缶や缶の蓋などをくっつけて作ったみたいです。

ヨーロッパを旅しながら作られた雨上がりという今日を歌ってました。

古いオルガンやアコ-ディオンとおもちゃのピアノのと混じったようなキーボードや、リコーダのようなものやフルートのような楽器などたく使ってました。

子供向けのようなでも大人も楽しめるようなちょっと変わった雰囲気の演奏でした。
今日は会場の子供達も参加できるような感じでしたが、今度は演奏だけを聞いてみたいです。

なんともいい雰囲気になれた一日でした。


| | Comments (9) | TrackBack (0)

2005.07.18

銀河鉄道の夜

 昨日の引越しがやっと終了し、今日は荷物の整理と行きたいところでしたが、今日は下の娘の誕生日。
プレゼントを兼ねてミュージカルを見に行ってきました。
東松山市民文化センターにて夕方5時30分からでした。

わらび座ミュージカル、銀河鉄道の夜。知ってのとおり、宮沢賢治の世界ですが、台本は市川森一。

ジョパンニは、病気の母と2人暮らし。
お父さんは北の海に出かけたままで帰ってこない。お友達には帰ってこないお父さんの事でいろいろからかわれています。
ケンタウルスの夜、ジョパンニは牛乳買いに出かけて、誰もいない暗い丘にたたずんでいて、その時に突然耳を塞ぐような機関車の汽笛に気がつきます。銀河ステーションという不思議な機関車に乗ってしまうのです。

ミュージカルはあまり見ないのですが、今日のはとても面白かったです。誰でも知っている物語なので、わらび座の人たちもいろいろ思考を凝らした事でしょう。小4の娘はちょっと嫌そうにしてましたが、内容はとてもいいものだったと思います。中2の娘はサインまで頂いて、感想を主役の人に話してました。

久しぶりに大きな舞台のミュージカル見ることが出来てうれしい事と、感動した事忘れません。

これからも演劇見続けていきたいと思っています。

わらび座の皆さんありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.10

WINDS OF GOT

今日、正しくは昨日、富士見市民文化会館キラり☆ふじみで、お芝居を見ました。
シアター蒼芸のWINDS OF GOTというお芝居です。作は、今井雅之、演出高藤達之輔

あいにくの雨でしたが、サークルの仲間の車で移動、新車でカーナビもついていて快適でした。

内容は若手漫才コンビの兄貴と金太は最近仕事も少なくなってしまって、失敗も多くキャンセルされたりして、まさにコンビ解消の危機が迫っていました。
舞台は8月の真夏、愛用のナナハンならぬ自転車に二人乗りしてナンパに出かけ、信号無視により、事故にあってしまいます。
気が付くとなんと1945年8月のはじめ。
特攻隊基地の兵舎に来てしまいました。

小4の娘と中1の娘と一緒でしたが、小学生には難しいのかと思ってましたが、最後のほうで二人ともぼろぼろ涙を流し、感動していました。
金太役の阿部正洋さんとアニキ役の金城真文さんにサインまで頂いていました。

子供たちに戦争の事を少しずつ教えていかなくてはならないので、今回のお芝居はとてもいい勉強になりました。

近いうち映画にもなるようですし、ドラマにもという話があるそうです。
特攻隊の仲間達が次々と任務をこなした、死んでゆく姿はなんともいえなく悲しいものですよね。

最初は漫才の場面から始まったので、お笑いの話かと思いましたが、そんなものではなく素晴らしいものでしたよ。ちょっと遠くまで出かけていってよかったです。

映画になったらまた見ようと思ってます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.22

ゆかいな音楽世界旅行

昨日は約束どおりプールに行って泳いだので、今日は水泳から離れて、芸術の世界をのぞいて来ました。
毎年夏休みになると、川越でハートかコミュニケーションと題して、埼玉文化交流フェスティバルin川越が開催されます。
去年までは2作品みていましたが、今年は予算の関係で1作品のみでしたが、
これがまた、とても楽しくて愉快なステージでした。
コロポックルというパーカッションアンサンブルグループと元気なドタバタ・フォーマンスを繰り広げる、クラウンパラダイスがドッキング。音楽あり、ジャグリングあり、お笑いもあり、とっても愉快な物でした。

コロポックル&クラウンと行く世界の旅は、言葉の壁を越えて、自由自在にどこへでも行けちゃう、ココロの旅になりました。50分の公演時間でしたが、あっという間でした。もっとみたいもっと聴きたい、もっと一緒に楽しみたい、心からそう思いました。

マリンバと、ピアノとドラムでの演奏とTOTTAさんのっぽのコタさんのお笑い。
最後の方で大好きなトレロカモミロと曲も演奏されていて、私と中一の娘は顔を見合わせて大笑いしました。

たのしかったよ。また見に行きますね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.18

ジグの空想音楽会

昨日、豊島公会堂でロバの音楽座のジグの空想音楽会をみてきました。色々な楽器を使っての演奏と歌でした。
コントラバスや、リコーダー、フォークフルート、バイオリン、知ってる楽器はそれくらいで、あとはバクバイプ、ハーディ、ガ-ディという楽器や、リュートという楽器、初めて見る楽器ばかりです。
ロバの音楽座は古楽器や空想楽器などで、ファンタジックな音と遊びの世界を繰り広げいいます。コンサートの模様を来週ジャストという番組で特集するそうです。
それに、2004年NHK教育シュートアニメ「パンツぱんくろう」「からだであそぼ」などの音楽担当してるとのこと。
ジグで登場する昔ながらの空想楽器のほかにロバのオリジナル楽器がとても愉快なこと。
ブンバカという楽器ですが、水道管で出来たロバの音楽座に古くから伝えられる伝統的楽器、ブンパカパッパといって、紙と掃除機のホースで出来ている楽器。ダンスロボットといって、バケツの中で踊るブリキの人形太鼓だったり。
ホントに楽しい楽器がいっぱい。
来週水曜日、多分私はテレビには映らないと思うけど、どんな感じで特集してくれるのか楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.04

3人であそぼ春日部公演だが?

先日、3人であそぼのお芝居を2度見ましたが、4月6日(火)に春日部で最終公演があるらしい。
しかしながら、私は埼玉県民であるが、春日部市がどこにあるか全然わかりません。
それで夕方、サークル仲間のお友達に電話して交通手段を聞きました。そしたら
「そうだね、クレヨンしんちゃんに聞かないとわからないわー!」と言う答えが帰ってきました。
クレヨンしんちゃんの連絡先、わからない?また問題が発生してしまいました。どうしようかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.29

3人であそぼ

先日、3人であそぼ というお芝居を見ました。
劇団青芸さんのお芝居です。
このお芝居を1990年からやっていたそうです。

今春がフィナーレ!

全編をつらぬく豊かな遊び心と、人間の心理への緻密であたたかな洞察。
遊びと人間ドラマを見事に融合させる俳優達の熟練の技。

3人でいろいろなあそびをしながら、けんかしたり仲直りしたりと、その中で
クイズあり、じゃんけんあり。
最初から最後まで素晴らしい演技でした。

現代の子供たちに是非見せたいです。

これからももっと楽しいお芝居待っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)