« コンサートに行きたいな。 | Main | オカリナ入門 »

2005.05.29

大玉転がしに命かけたが・・・

 今日は中2の娘の体育祭。運動会というと子供から運動会ではなくて体育祭だと。
厳しい指摘があるのです。内容は運動会も体育祭も同じなのではないでしょうかね。
毎年恒例のPTA会員による、種目です。
赤と白の大玉転がし。小学校では全校種目になっています。

去年も出てしまったので、やはり今年も声がかかり、変形性膝関節症の私は無理と言いながらも
勝ち負けないからといわれてただの人数そろえで声がかかりました。

毎年出てくれる保護者は同じ顔ぶれですが、なんとなく楽しそうなので出てしまいました。

今の体系の私を見ては誰もが足が遅い人だと思う事でしょう。

国体の選手ほど、速くは無いけれど、小学校低学年と中学と高校は毎年リレーの選手だった私です。
何故か低学年だけって言うのがおかしいですよね。
小学低学年は他の子が本気で走ってくれなったから、私のようなものがりレ~の選手に選ばれたんです。
中学と高校はバスケットボールをやっていたので、自然に足が速くなっていました。
どっちかって言うと短距離より長距離の方が得意でしたが・・・

がしかし今はもう走るのもなかなかできないので体重も増えてほんとに足が遅くなってしまいました。
学校の球技大会があっても、出ようかなって言うと無理して出なくて言いよって断られてしまいます。

ということで大玉転がしに出たのですが、自分は充分早いと思っていましたが、終わってみるとそんなに早くなかったって事がわかりました。
今の体系ではどんなにがんばっても無理ですね。
娘は、早くはなったよってハッキリと言ってましたよ。

たかが、
大玉転がしともうでしょうが、
体育会系の私はつい本気になってしまいます。でも、もう40代なので10代、20代のときとは違うと実感しました。
来年からは若い人にお任せして私は黙ってみています。

でも、大玉転がしをやって、気持ちがぱあっとはれたような気がします。

他の人に認めてもらう事より、自分自身が楽しければいいのですよね。

すかっとした1日でした。


|

« コンサートに行きたいな。 | Main | オカリナ入門 »

Comments

Great philosophical topics, but not very applicable in structural engineering. This allows you to have an RSS feed where people can catch up on your latest content. Integrated Circuits also known as IC's have revolutionized the electronic and consumer electronics industry ever since their invention.

Posted by: whatsapp | 2016.10.08 at 02:40

A podiatrist or chiropractor may need to be consulted as well to see if posture or other foot problems are the cause. However, it is not easy for some institutions to keep up latest technology because of several thrilling changes and the cost of maintenance with the development can be vast. Publishing person, you could accessibility the data source for whatever like top quality total length shows, music-video, documentaries along with Television shows.

Posted by: The Heirs RCTI | 2016.06.13 at 19:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21337/4319091

Listed below are links to weblogs that reference 大玉転がしに命かけたが・・・:

« コンサートに行きたいな。 | Main | オカリナ入門 »