« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.26

風と共に去りぬ

先日久しぶりに図書館に行きましたが、最近新しいDVDが貸し出しになっていて楽しみにしていました。
そこには北野たけし作品のドールズと風と共に去りぬがおいてありました。
ドールズは前にちょっとだけ見たのですが、あまり面白そうではなったので、今回は少し長いけどあの名作
風と共に去りぬを借りたわけです。

1939年の製作で、全世界で永遠の記憶に残る、マーガレット・ミッチェル原作の不朽の名作ですよね。
全部で232分です。
まだ、20代のときに一度見ただけでしたが、あの感動は忘れられません。

今日は半分見たのですが、スカーレット・オハラ役の、ビビアン・リー、やはり美しいですね。
舞台は1861年。アメリカの南北戦争直前から始まります。
スカーレットが、心に決めていた男性アシュレーといとこのメラニ―の婚約が発表されると聞き、怒り悲しんでいました。その後、ついに南北戦争が勃発。
激動のアメリカを舞台に、スカーレットは、強く激しく生きていく姿を描いた作品です。

最後はレッド・バドラーが去っていって、一人ぼっちになってしまいます。
確かそのような最後だったと記憶しています。

長い話なので、結構見るのにも気合がいりますが、とても楽しみです。
若いときに母と一緒に見たので、また今回も母と一緒に見たいけど今度いつ見れるかなあ。
と思いながら見ています。

| | Comments (113) | TrackBack (0)

2005.02.22

学園と学院の違い知ってますか?

今日子供がご飯を食べながら
「お母さん、学園と学院の違い知ってる?」
と聞いて来るので
わたしは、
「学園も学院も私立の学校がよくそんな名前になってるよね。」
といったのですが、子供は納得してくれません。こんな答え方じゃダメなのは当たり前ですね。
という事で、辞書をひく事にしました。
辞書によると
学院は「学校の別称で、私立の学校名などに使われることが多い。」とのこと。
学園は「学校の別称。中学と高校など、いくつかの組織を組み合わせた場合をいうことが多い。」
と書いてありました。

うちの子供たちも最近はコミックを毎日のように読んでいるので、学園や学院が出てきたのでしょう。
本をあまり読まない私にとって、難しい言葉の意味を聞かれることが多くなった今、毎日四苦八苦しています。

その他に社交辞令ってなあに!とか。
私はその答えを「よそ行きの言葉だよ。」といいました。
果たしてこの答え方は良かったのでしょうか?

明日もまたあさっても聞かれると思います。子供に・・・
子供に間違った意味を教えないよう、毎日辞書が離せない私です。

テレビドラマばかり見てないで、読書の時間を作らなければなりませんね。

| | Comments (328) | TrackBack (0)

2005.02.20

飲み会でした。

今日はというか正しくは昨日になるのか、久しぶりに都内で飲んで帰ってきました。

子供たちの風邪が落ち着いたところだったんですが、今度は主人が風邪をひいてしまい、どうしようかと思ってましたが、お許しが出たので今日は久しぶりに楽しんできました。

雨が降っていたので、いつもの土曜日と比べればっていつも土曜日に飲みに出てるわけではありませんが、
すいていました。

なんていったって定番のカラオケに行って。
お友達がFOR YOUを歌って。私は何を歌ったかな?
なんといっても、普通は歌わない由紀さおりさんの手紙を2人で歌ったんです。普通はカラオケでこの歌は歌わないそうですが・・・
私のレパートリーに入ってるので付き合せました。

分かったことは尾崎亜美さんの歌はカラオケで歌うのはとても難しいってことですね。

簡単だったのは天地真理さんの恋する土曜日。
盛り上がりましたよ。


帰ってきたらみんな眠ってます。
また来週から仕事なので今日はほんとに楽しいひと時を過ごしました。

夢のなかで歌わないよう気をつけますね。

| | Comments (140) | TrackBack (0)

2005.02.15

回復へ

先週の水曜日に発熱していたわが娘。
今日から学校にいきました。
40度熱が出たとき、お互いびっくり!3連休があったので学校を休んだのは2日間だけですが、中学校に入ってから元気だったので本人が一番精神的にも辛そうでした。
だけど、今日からまた学校にいけたので良かったです。

今日は学校の体験学習という事で、お弁当を持っていきました。

ファイトー!ファイト!

ワクチンが効いたのかどうかはちょっと疑問ですね。
でも、ワクチンを打ってなかったら、もっと回復が遅れたのかも知れないので、来年は2回受けさせようと思います。

でもほんとに良かったです。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.02.13

恐るべしプレーンヨーグルト

ジンクスというべきかどうかわかりませんが、
うちの子供たちがまだ小さかった頃って、今も小さいですが、もっと小さい頃、子供たちのおやつにプレーンヨーグルトにいろいろな果物や、缶詰をいれて食べさせようとしてプレーンヨーグルトを買ってくると、必ず子供が熱を出したり、おなかをこわしたり、風邪をひいたりして、そのたび賞味期限を切らしてしまったものです。
段々風邪を聞く回数が減ってきてそのことも忘れてしまっていて、でもヨーグルトは無糖ではなくいちごヨーグルトだったり、ブルーベリーヨーグルトだったり、アロエヨーグルトだったりして、けっこうたくさんのヨーグルトを食べてきました。

でもこの前、スーパーでコンパクトになったプレーンヨーグルトがあったので、美味しそうでつい買ってきてしまいました。もし余ったらヨーグルトケーキでも作ろうと思って。

そしたら2日後にうちの中1の娘が発熱、なんとインフルエンザという事で。
ワクチンも打ってあって、うちにはインフルエンザはこないだろうと安心していました。
特効薬も飲んだのですが、これが熱が下がったかと思い安心しているとまた高熱になったりして、油断できません。

なにも私がプレーンヨーグルトを買ってきたからといって、子供が熱を出したわけではないと思うけど、ここしばらくはプレーンヨーグルトが我が家の冷蔵庫から消えることでしょう。

ただし、
プレーンヨーグルトは私個人としては大好きなので、サラダにも使えるし、そのままでも美味しいし、ケーキにも使えるし、使いたいのです。けっしてヨーグルトを悪く言ってるのではないです。メーカー様。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.09

救命病棟24時

今日もあっという間に放送時間終わってしまいました。
面白いと思うドラマはあっという間ですね。

前回の松雪泰子のときもみてましたが、今回は今回でまた違った面白さがあります。

京野ことみとお父さんの再会。
平田満の家族の絆の強さ。大げさですが涙してしまいました。

来週は松嶋菜々子の婚約者、石黒賢は死んでしまうのでしょうか?
悲しいですが、絶対見ます。
私は江口洋介のファンなので毎週毎週楽しみにしています。

ドラマを見て、家族全員が一緒にいないときに地震がおきたらどうしようとか考えることがあります。
私は震度5の地震を3回も経験してるので、もう地震なんて起きてほしくありません。
このドラマを通じて、自分自身の災害に対する気持ちも変わってきました。もっともっと真剣に考えなければなりませんね。

また来週楽しみにしていますよ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.02.06

100ます計算再び

今日久しぶりに100ます計算に挑戦しました。まずは足し算から・・・
このサイトを始めたときに買った100ます計算の問題集が本棚の中に眠っていたのを今日発見してしまいました。捨てるのはもったいないので、是非試して見ることにしました。小3の娘はこのごろ100ますけいさんの宿題が出ないようでぜんぜん見向きもしません。中1の娘が時間をはかってくれて、一緒にやりました。所要時間は私の勝利で私が1分51秒。娘が2分50秒。しかし私の計算が2つ間違っていたのでどっちの勝利なのでしょう。時間がかかっても全問正解のほうがいいのでしょうね。
私は仕事で暗算を使う機会が多く、苦労してるのでまた今日から訓練のために計算をやっていこうと思います。中1の娘は学校でやったことがないとの事なので、時間はかかりました。これから高校受験を迎えるので数学は大事。100ますけいさんは出ないと思いますが、暗算の訓練は必要なのかもしれません。

明日から時間があれば毎日1問ずつやっていこうと思っています。
ダイエットも3日坊主の私ですが、100ます計算は続けてやりたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.04

大根が3本

昨日スーパーの特売で大根を1本買いました。まだ使ってなかったのですが、今日子供の習い事の先生から大根を2本頂いてきました。

どうしよう、今日から毎日大根料理。
週末は外食は控えて、おでんにしようか豚汁も作って、けんちん汁にふろふき大根。
それから大根おろしにだいこんサラダ。
お友達におすそ分けすればいいのだが、少し凍っているのでちょっと無理かな。

今はだいこん料理のおいしいときですね。ブリ大根からはじめようかな。
大根が高いときのことを考えるととっても贅沢です。

家族達よ
今日からだいこん攻めだからね。楽しみにしていてね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »